Slackでサイトやブログの更新通知を受け取る方法!!チャンネルにRSSアプリを入れる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログやサイトの更新通知を受け取れたらなぁと思ったことがあると思います。わざわざ更新されているか確認したり、毎回いちいち検索するのはめんどくさいです。

しかも、チェックしたいブログやサイトが1つならまだしも、複数のサイトの更新を確認したい場合は、なおさら更新通知が欲しいところです。

僕も結構他の人のサイトやブログを見るので、RSSリーダーなどを試していたらSlackというアプリに辿り着きました。

Slackというアプリは聞いたことない人もいるかと思いますが、このアプリの機能を使えばブログやサイトの更新通知を素早く受け取ることができます。しかも、複数のサイトからの通知を受け取ることができます。

Slackとは?

そもそもSlackとはどんなアプリなのか少し説明しておきます。

Slackというのは簡単に言えば、LINEのビジネス版みたいなアプリです。基本的には他の人とコミュニケーションを取るためのアプリです。個人で連絡したり、グループに人を招待して会話するのもほとんど同じです。

それに加えて、LINEではやりにくいファイルのやり取りが簡単にできます。さらに、トーク内を検索できます。アプリを入れて他のサービスと連携できます。(今回はこれを使います。)

このSlackですが、使いやすさはSkypeと同じくらいかな〜

僕はああいう感じのUIはあまり好きじゃないですけど、全体的にSkypeに似ていると思います。日本人が作ったアプリではないので仕方ないと言えば仕方ないのかもしれません。

大学のコミュニケーションアプリとしてSlackを使っている人もいるのですが、実際使いにくいという声もあるようです。

でも、今回はブログやサイトの更新通知に使用するだけなので使いやすさはあまり関係ありません。設定等もこれからこの記事に書いていくので問題ないと思います。むしろ、検索や色々設定もできるので気に入ってもらえると思います。

Slackで更新通知を受け取る方法

LINEみたいなアプリに具体的にどうやって更新通知を受け取るのかイメージ出来ない人もいると思います。なので、まずは概要を説明してから設定していきます。

アプリは、iPhone、iPad、Android、Mac、Windowsなど一般的なデバイスにはあります。他の端末間でもログインすればすぐに利用できるので便利なアプリです。

どのデバイスから設定しもらっても大丈夫です。基本的な設定方法は一緒です。

更新通知を受け取る概要

まず、SlackでLINEでいうグループを作成します。そこにブログやサイトの更新を配信する「RSS」というアプリを招待します。これだけです。

これでブログやサイトが更新されたら、LINEのトークみたいに通知されたり表示されます。

概要というわりには短いですが、これでイメージ出来たと思います。

更新通知の設定

では、具体的に設定していきます。初めはiOSのアプリで設定していますが、設定で何故かボタンが反応しなかったので、途中からMacの方で設定しています。その場にきたら説明していますが、僕と同じようなら、パソコンのアプリかブラウザの方で設定してください。

アプリのインストール

まずは、「Slack」というアプリをインストールします。

Slack

Slack

Slack Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

MacやWiondowsを使っている人はそちらにもインストールしておくといいです。

Slack(Mac版)

Slack(Windows版)

 

また、ブラウザの方でも利用できます。

Slack(ブラウザ版)

通知を受け取るにはアプリのインストールが必要です。

メールアドレスの確認

インストールするとようこそ画面になっていると思います。

「Slackを始める」をタップします。既にアカウントを持っている人はサインインして下さい。

 

まずは、メールアドレスでSlackを関連付けます。受け取り可能なメールアドレスを入力すると、しばらくしてメールがきます。。メール内のURLを開いてメールアドレスの確認を完了させます。

ワークペースを作成する

まだメールの確認画面だと思います。

「ワークスペースを新規作成する」をタップします。

 

ワークスペースというのはLINEでいうとグループみたいなものです。

なので、ワークスペース名はグループ名って感じで好きに決めてもらって大丈夫です。これは後から変更できるので取り敢えず決めておくっていうのでもいいです。今回は、ブログやサイト更新の通知を受け取るだけなので、ワークペース名は「サイト」や「ブログ更新」みたいにしておくと分かりやすいかと思います。

 

次に上で決めたワークスペースに対してURLを設定します。これはワークスペースにログインする時にも使うので覚えられるものにしておきましょう。

他の人が既に設定しているURLは設定できません。

アカウントの設定

続いてアカウントを作成画面になります。メールアドレスは既に登録しましたが、氏名とパスワードの設定をします。このタイミングって感じですが笑

表示する用のニックネームを後で設定することができるので、氏名は本名でも構わないです。

 

パスワードを決めて「次へ」をタップします。

Slack自体にログインする時はメールアドレスとこのパスワードを入力します。

 

通知はONしておきましょう。

後でまとめて通知の設定を確認するので今しなくても大丈夫です。

ワークスペースにチャンネルを追加する

チャンネルとはトークルームみたいなものです。チャンネルは「# チャンネル名」となっていて、自分で作れます。元々、# general、#randomの2つがあると思いますが、別で違うチャンネルを作った方がいいと思います。

それでは、新しいチャンネルを追加していきます。

左上のSlackのアイコンをタップします。

 

チャンネルの横のプラスの追加ボタンをタップします。

 

新しくチャンネルを作るので、「作成」をタップします。

 

①まずは、チャンネル設定で「パブリック」となっているものを「プライベート」にします。ブログやサイトの更新は自分しか見ないと思いますので、プライベートにしておきます。他の人とも共有したい場合は、招待することもできます。

②チャンネル名を決めます。チャンネル名は何でもいいです。

③「作成」をタップします。

 

すると、新しいチャンネルが追加されています。プライベートにするとハッシュタグの部分が鍵マークになっています。

ワークスペースにRSSアプリをインストールする

残り2ステップなので頑張って下さい!

先程チャンネルを作ったので、まだその画面のままだと思います。チャンネルのチャット画面の右上の設定マークをタップします。

アプリはチャンネルごとに入れるのではなく、ワークスペースごとに入れるのでどこのチャンネルから設定を開いても構わないです。どこのチャンネルで通知をするかは後で設定ができますので。

 

1番下の設定をタップします。

 

下の方に「App & インテグレーション」があるのでそれをタップします。

 

すると、アプリを追加するページが出てきます。ここからアプリを検索します。

Dropboxなどの便利なアプリもあるので後でインストールしてみるといいです。

 

「RSS」と検索します。

 

検索結果でオレンジ色のアイコンの「RSS」というものが出てくるのでそれをタップします。

 

インストールをタップします。これでワークスペース内にRSSのアプリがインストールできました。

フィードを追加する

最後に通知が欲しいブログやサイトのフィードを追加します。フィードというのは記事を配信用に加工したもので、フィードURLを登録することによって通知を受け取れるようになります。

ここで注意して欲しいことが、iPhoneではできない場合があります。僕は途中でボタンが押せなかったのでパソコンの方で設定しました。

なので、パソコンのブラウザかアプリからやってもらった方がいいかもしれません。解説は一応iPhone→Macの順に解説しています。他の端末やOSでも同じ様に設定できます。

 

上の続きだとこんな画面になっていると思います。「インテグレーションを追加する」をタップします。

 

フィードURLとどこのチャンネルに通知するかを決めます。

 

フィードURLはブログやサイトのURLではありません。

フィードURLはこちらのサイトで、ブログなどのURLを入力すると確認することができます。

フィードURLを確認する

 

上ではこのブログのフィードURLを入力しています。

ここまではいけるんですが、その下の「チャンネルの投稿」でチャンネルを選択をできませんでした。ここでボタンが押せて、選択できた人は下の「このフィードを購読する」をタップすると通知が届くようになります。

 

僕と同じくiPhoneでできなかった人はパソコンでできます。今回はMacのアプリでしています。ブラウザや他のOSにもアプリがあります。

アプリをインストールして、ワークスペースにログインして、「App」をクリックします。

 

iPhoneの方ですでにRSSをインストールしている人は、「表示する」をクリックします。まだRSSをインストールしていない人は、アプリ一覧と書いてある下で「RSS」と検索してインストールしてください。

RSSのアプリが表示されるので、「設定」をクリックします。

フィードURLを入力して、通知が欲しいチャンネルを選択して「このフィードを購読する」をクリックします。

ちゃんと追加されました〜

これで、ブログやサイトが更新されたら通知されます。

ここまでの設定は、1つの端末で行えば同期されるので、他の端末でSlackをインストールするとそちらでも通知を受け取ることができます。

ブログを更新すると、こんな感じで通知がきます。リンクもあるので直接記事に飛ぶことができます。メッセージみたいな感じでブログの更新が届くので見やすい感じがします。

通知して欲しいブログやサイトを追加する

上でフィードを追加した手順と同様に追加できます。

僕はなぜかiPhoneで登録できないので、仕方なくパソコンから追加しています。反応の問題なのでいずれ修正されると思います。

Slackの通知設定

Slackの通知設定は細かく設定できる分、少しややこしいところがあるので一応書いておきます。

これはiPhoneで設定できます。他の端末でもOKです。

まずは、iPhoneの設定アプリから、通知→Slackと進みます。

まずは、「通知を許可」にチェックを入れます。

次に、1番下の「Slackの通知設定」をタップします。

 

ここでは、より細かく通知の設定ができます。上のピンクの枠で囲っている部分のようにしておけばちゃんと通知が届きます。

 

初期設定では、おやすみモードになっているので解除しておきます。そのままだと、夜に通知音がならないです。上の、ベルのマークをタップします。

 

おやすみモードの設定が出てくるので、「オフにする」をタップします。タップすると自動で保存されます。

これで、通知の設定も完了です。

まとめ

少し設定が長くなってしまいましたが、これでわざわざブログやサイトが更新されているか見に行く必要がなくなったと思います。

使いにくい部分もあるかも知れませんが、1度設定してしまえばあとはフィードを追加すれば別のサイトの通知を設定できるのでそこまで難しくないと思います。

検索機能はとても便利なので、これだけでも他のRSSリーダーより優れています。

RSSリーダーは今のところこのSlackで満足しています。変わった使い方ですが、Slackというアプリの可能性を感じます。今はこの更新通知でしかSlackを使っていませんが、他の使い方も模索してみたいと思います。

Slack

Slack

Slack Technologies, Inc.無料posted withアプリーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました