XcodeでC言語の勉強を始める!!インストールと簡単な使い方【Mac】

大学の情報系のプログラミングの課題を友達から手伝ってと言われて、全く歯が立ちませんでした。なので1からC言語の勉強をしようと思いました。

 

勉強するに当たって必要になるのはツールやアプリです。

僕はメインのパソコンはMacを使っていますが、Macの場合はApple Storeで有名なXcodeという開発ツールをインストールするだけで大丈夫でした。

さすがプログラミングをするならMacと言われるだけあって環境構築は楽でした。インストールからサンプルプログラムの表示までを解説していきます。こんなところでつまづくのは時間の無駄なので、この記事のまま進めてもらったらC言語の勉強がスタートできます。

XcodeでC言語を勉強するための環境構築

環境構築と言うと大げさですが、C言語の勉強をできるようにサクっとインストールして使っていきたいと思います。

Xcodeとはいったい何なのか

よく分からないものを使っていくのはちょっと…と思う人もいるかと思うので簡単に解説します。

XcodeはIDE(統合開発環境)と言われるもの何ですが、簡単に言えば、

プログラミングに必要なツールが全部まとまっているパック

って感じです。

かなりザックリですがこんなイメージでいいと思います。

本来は書いたプログラムを自分の目で確認するまでにはいくつかのステップがあります。

  1. テキストエディタでコードを書く
  2. コンパイル、リンクして実行できる形にする
  3. 実行して動作の確認をする

こんなステップを踏まないといけません。(これでも細かいステップを省略しています。)

普通は、コマンドをいちいち打ってプログラミングを確認しないといけませんが、Xcodeならコードを書くのもXcode、コンパイルするのもXcode、実行するのもXcode!!

 

実際にゲームを作るには他のライブラリなどをネットからインストールをしたりしますが、勉強するだけならこのXcodeだけで十分です。

あとあとゲーム制作などで、C言語の仕組みを少し知っておいたほうがいいことがあるので少しだけ説明しておきました。

Apple StoreでXcodeをインストールする

それではXcodeインストールしていきます。使うのはApple純正アプリです。

 

Macで、「Apple Store→Xcodeで検索」で検索すると出てきます。こちらをインストールします。

インストールや設定はこれで終了です笑

えっ?と思うかもしれませんが本当にこれだけです。後は、実際にプログラムを書くファイルの設定をするだけです。

 

C言語のファイルの設定

インストールができたら、次はC言語用のファイルの設定をしていきます。

 

アプリを開くとこんな画面になります。

ここで気がついたと思いますが、Xcodeは全部英語です笑

これは仕方ないです。プログラミングに関しては日本語で勉強できることはほとんど基本的なことだけです。僕も含めてもっと知りたいことは恐らく英語で勉強しなくてはいけないと思います。

ただ、C言語の概念を理解するだけなら日本語で勉強できますので取り敢えずは安心してください。

 

まずは、「Create a new Xcode project」をクリックします。

するとこのような画面になると思います。

 

「macOS」→「Command Line Tool」→「Next」と進んでいきます。

 

ここでの設定は、

  • Product Name→フォルダ名になるので分かりやすいくて短くする
  • Organization Name→自分の名前やニックネームやペットの名前でも何でも。
  • Organization Identifier→自分の名前やニックネームやペットの名前でも何でも。
  • Language→C

フォルダ名に関しては、僕は他の言語のフォルダもあるので言語名にしました。設定できら、「Next」をクリックして次に進みます。

 

次はどこにフォルダを追加するかの設定です。

僕は分かりやすいようにデスクトップに保存しました。次回からは、Xcodeを起動すると「最近使ったファイル」が表示されてこれをクリックすれば開くことができます。なのでフォルダの場所はどこでもいいと思います。

 

最初はこのような警告みたいなものがでると思いますが、チームでファイルを共有する時は設定が必要になってきますが、今は必要ないです。

ただ、ファイルを作る時は毎回出てくるので鬱陶しい場合は設定しておくといいです。「Xcode →Preference→Source Control」から設定できます。

 

ここまででファイルの設定が終わりました。いよいよプログラミングのスタートです。

こんな画面からのスタートなので、プログラミングが初めての人は何が何だか分からないと思います。なので、次に使い方を書いていきます。

簡単なXcodeの使い方

ここからは、サンプルコードの表示をしていきます。これができれば、後はコードの中身を勉強しながら変更していくだけです。これがプログラミングの勉強ですね。

まず、左側のメニューにフォルダとその中身が階層で表示されています。そこにmain.cというファイルがあるのでそれをクリックします。

 

するとこんな感じでコードが書かれた画面が表示されます。

このコードはサンプルコードで、通常はこれを消してコードを書いていきますが、まだ全然分からない段階だと思うのでこのコードを使ってプログラムを確認していきます。

このコードですが、

Hello, World!

と表示するプログラムです。なので、正ければ「Hello, World!」と表示されます。
まずはコンパイル(正確にはビルド)してから実行させるのですが、Xcodeではそれがボタン1つでできます。

左上の三角形を傾けたボタンを押します。

 

すると「Build Succeeded」と表示されます。これが表示されるとコンパイル(ビルド)は成功です。なので、文法的にはあっているということです。

 

では実行結果を見ていきましょう。

実行結果は画面の下の方に表示されます。表示されていない場合は、右上の「ウィンドウの下に線が入っているボタン」を押すと出てくると思います。

 

もう少し拡大してみると、「Hello, World!」と表示されていることが分かります。

下の「Program ended with exit code: 0」というのは問題なくプログラムが実行&終了したことを表すので気にしなくて大丈夫です。

 

次に試しに失敗してみます。「int main」の「main」のnを消してみます。

 

すると、「Build Failed」と表示されてビルドに失敗します。

これはC言語の文法が間違っているからです。

 

Xcodeの画面上では警告のマークが至る所に出ていると思います。左のメニューのところに「!」のマークをクリックするとエラーの内容を見ることができます。

エラー内容は「識別子が見つからない」です。mainがないということですね。エラー自体も英語なので、ここら辺は感覚でやっていくしかなさそうです。

カスタマイズすることもできる

エディタの設定や字や色の変更をするこができます。基本的な設定は、「Xcode」→「Preferences」でできます。

  • Fonts&Colors→テーマ、フォント、文字の大きさ、文字の色
  • Text Editing→エディタ全般の設定
  • Key Bindings→キーボードショートカットの確認

使いそうなのはこの辺りです。最初はテーマと文字の大きさ、文字の色くらいを自分好みにするだけでいいです。あとは使っているうちに設定していけばいいと思います。

C言語を頑張って勉強していく

一般にプログラミングは才能が必要と言われますが、僕自身もそう思います。個人的には数学よりも才能が必要だと痛感しています。

しかし、個人でプログラミングをする範囲ならある程度のレベルまではいけると思います。それなりに攻略法はあると思います。

目標は簡単なゲームの制作です。大学ではプログラミングを専門としている情報系の学科では、ゲーム制作とロボットの制作辺りをして研究室の配属となっています。なので、1番最初のステップのゲーム制作が初心者の目標にはちょうどいいと思います。

 

これからC言語を勉強したいと思っている人は、一緒に諦めずに頑張っていきましょう。このブログでは、僕のC言語の学習の様子や理解したことを記事にしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました