長寿の里の傘は強風にも強くて壊れにくい!ポキッと折れるんです

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポキッと折れるんです

僕の傘、ポキッと折れるです。

は?と思うかもしれないですが本当に折れるんです。折れるといっても、ちゃんと元に戻ります笑

何を言っているか分からないと思うので説明しますね。僕が普段使っている傘は風が吹いても壊れにくい傘になっているんです。みんなも経験あると思いますが、傘をさしていて風が強すぎて傘が裏返ったり、折れて壊れてしまったことがあると思います。

ところが、今回紹介する僕が使っている傘はわざと折れ曲がるようになっていて、すぐに戻るようになっています。なので、折れたり壊れにくいです。

ちょっと面白い傘になっています。

長寿乃里 長傘の概要

長寿乃里 長傘
ブランド 長寿乃里
傘の生地 ポリエステル100%
親骨の長さ 65cm
全長 約89cm
重量 約412g
カラー ブラック、ホワイト
  • 壊れにくい
  • 反転しても、閉じて差し直すだけで元に戻る
  • 紫外線(UVB波)を約95%カット
  • 見た目は普通の傘
  • 撥水加工あり

商品説明では一応、強風時や台風の時の使用は避けるようにと書いてあるので、そういう時は壊れることがあるかもしれません。僕の場合は、住んでいるところが比較的風が強かったので購入しました。今のところ強風では壊れていないですが。

開封

傘なのであまり撮る写真はないのですが...

開封していきます。

 

最初に言っていた、「ポキッと折れるんです」はこれです笑

 

見た目は普通の傘です。特にこれといった特徴はないです。そこがいいんですがね。

 

長さは約89cmでした。

 

重さは約412gです。普通の傘くらいだと思います。持ってみて特に重いといったことはないです。

 

手元は小さすぎず、大きすぎないので、持ちやすいです。

 

傘の先。どうでもいいですが、僕はこの先っぽはあまり地面につけないタイプです。傘の先って、傷や汚れが目立つから嫌なんですよね。

 

パッと見て普通の傘との違うところが1つありまして、ネームバンドが2つあります。

傘の先の部分を露先と言うのですが、その部分もバラけないようにバンドがあるようです。一見すると良いように思いますが、これいらないんです(泣)

まぁ理由は後ほど。

 

広げて見ても、大きさ的にも普通の傘です笑

僕はこのデザインというか、シンプルなところ好きなんですけど。

 

それでは、この傘のチャームポイントの骨の部分を見ていきたいと思います。

まずは中の奥の方から。奥の方は普通の傘とあまり違いが分からないですね...

ここは折れるところじゃないですから。

 

折れるところはこちら。

これだけじゃ分かりにくいと思うので、いったんポキポキ折っていきます。

 

全部ポキポキ折って裏返すとこうなります。

 

仕組みはこんな感じで、あらかじめ曲がるようになっています。よくできていますよね。

傘の骨が内側から外側にポキッと折れることで力を外に逃して、傘が風によって飛ばされることを防げるようです。

これポキット構造というらしく、特許も取得しているようです。

使ってみた感想

購入して1年弱での使ってみた感想を書いていきます。

壊れにくくて良い

個人的には風に強くて折れにくく、壊れにくいと思います。普通に雨降ってる時にさしてるだけでは実感しないのですが、風などで折れて使えなくなるということは今のところないです。

僕は去年から大学生で引っ越して一人暮らしなのですが、今住んでいるところがかなり風が強い地域です。本当にカツラなんか一発で飛んでしまうような風が吹きます。海辺の近くということもあって仕方ないんですが、風で普通の傘が折れてしまうんです。

でも、この傘だと風が強くて裏返ってもすぐに元に戻せるので便利です。元から裏返ることを想定して作られているので、壊れる心配もあまりしなくていいです。

普通の傘だと、折れてしまったり、裏返るだけで済んでも直すのがめんどくさいです。

壊れにくいと言っても、台風の時やめちゃくちゃ風が強い時は使うのを避けたほうがいいです。そもそも、台風など風が強い時にわざわざ外に出ないだろうし、傘を差してもどうせ濡れると思います。

見た目は普通の傘

見た目に関しては気にする人は気にすると思います。どんなに良くても、あまり奇抜なデザインやダサイ傘は使いたくないと思います。

この傘は写真を見ての通り見た目に関しては、普通過ぎると言ったら言い方が悪いかもしれませんが、普通です。なので、男性も女性も使えるし、年齢とかも気にしなくて大丈夫です。

僕はこのシンプルなデザインに加えて、黒の傘が好きなので結構気に入っています。

上の方のネームバンドは要らない

多分露先の方もまとめれるように、2つネームバンドがあるんだと思いますが、別に要らないと感じました。このせいで一度この傘を壊してしまいました。

使い始めの頃、ネームバンドを2つとも止めて使っていました。上の方は普通の傘には付いていないので、止める必要はないのですが、あるなら止めておこうかなと思って使っていました。

普通の傘には上の方のネームバンドは付いていないので、傘を開く時に外し忘れて開いてしまいました。

あっ...となった時には傘の骨が1本折れてしまいました。

僕の使い方の問題と言えばそうなんですが、普通の傘にない分こういうこともあります。なので、上の方のネームバンドは止めないことをオススメします。なんなら切っちゃってもいいと思います。

僕の弟もこの傘を使っているんですけど、同じくやらかしてしまったので2本目は上の方のネームバンドは切っているらしいです。

まとめ

この傘、最初は郵便局で期間限定で販売されていて買ったんですが、上の方のバンドを閉めたまま傘を開いて壊してしまいました。それから、違う傘を使っていたんですが、2本くらい風にやられました。

やっぱりこの傘が良いと思ってネットで調べてみるとあったので即ポチしました笑

それから壊れてないので買って良かったです。多分これからもこの傘を使っていくと思います。

風が強い地域や海辺や河辺に住んでいる人にはぴったりな傘かと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました