ゲーミングキーボードはロジクールのG213が打ちやすくておすすめ

今年初めて自作PCを組んだのでキーボードも新しいものを買いました。有線のゲーミングキーボードにしてみました。打ちやすいのでゲームをしない人にもおすすめです。僕が選んだのはロジクールのゲーミングキーボードG213です!

ゲーミングキーボード ロジクール G213のスペック

ロジクール G213 RGB ゲーミングキーボード
ブランド ロジクール
サイズ(高さ×幅×奥行き) 21.8×45.2×3.3cm
重量 1.1kg
カラー ブラック
保証期間 2年間

チューニングされたキー
耐水性かつ耐久性あり
・キーボード本体の角度調整可能
・音楽再生のキーあり
・プログラム可能なキーは12個
・カラーカスタマイズ可能
・使いやすい設定ソフトウェア

開封

開けていきまーす‼︎

箱は結構多きいです。こんなカラフルなバックライトに憧れていたんですよね~

パッケージ内容はキーボード本体、取扱説明書、保証規定、保証書です。

キーボード本体は、下のパームレストの幅の分大きい感じがします。

キーボードは有線で、ケーブルの素材は紐みたいになっています。長さは1.8mで接続タイプはUSB2.0です。

光っていなくてもキーが綺麗ですね。新品なので当たり前ですけど…

耐水性があるので多少は濡れても大丈夫なようです。素材はカーボン?みたいな感じです。

キー自体はチューニングされていて高速入力が可能です。

早速パソコンに繋げてみます

おお‼︎光ったぞ!

ゲーミングキーボードでは光るのは普通ですが、実際に見てみるとちょっと感動しました。今までは普通の製品のキーボードでしたから。

バックライトがあった方が印字は見やすいですが、タッチタイピング勢には関係ないかもですが。

デスクマットの上に置くとこんな感じ。良い!

このキーボードの良い点として、メディアコントロールが可能なキーがある!これは音楽聴く人には便利です。音量調節はもちろんワンタッチで再生・停止ができます。

個人的に良いと思ったところは、パームレストと角度調節可能なレッグがあることです。

パームレストとはこの部分で、初めは邪魔かなと思っていましたが、手が置けるのでかなり楽でした。手との接触部分は痛くなりませんし、今ではむしろ必要な部分。

さらにレッグで角度を変更すればタイピングも疲れにくいです。

ソフトウェアのインストール

インストール

取扱説明書に書いてあるURLからソフトウェアをインストールします。

別にインストールしなくてもキーボードとしては使えますが、プロファイル設定には必要です。

URLを入力すると、このキーボード専用のページが表示されるので真ん中下のダウンロードをクリックします。

自分のOSに合ったファイルをダウンロードします。

僕の場合はWindows10の64bitをダウンロードしました。

ファイルをダウンロードしたら、起動するとインストールが始まります。

しばらくすると終わります。

ホーム

ホームはこんな感じですが、キーボードの全体が見えるだけで特に何もないです…

一応、上の写真の青く光っているキーをクリックすると、次のファンクションキーのカスタマイズに移ります。

ファンクションキーのカスタマイズ

ここで好みのキーの割り当てを設定することができます。F1~F12はもちろんアルファベットにも割り当てが可能です。さらに、キーには他のキーと同一のものを割り当てることもできます。例えば、F12に「@」という文字を割り当てたりできます。

ライトの設定

これはゲーミングキーボード最大の楽しみですね。「効果の選択」では固定色、ブリージング効果、色のサイクル、色の波の4種類から選ぶことができます。

僕は色の波に設定しました。左からの波か、右からにするかなども決めれます。

さらに多彩な色や割り当ても自由に設定できます。なんと1680万色からカスタマイズできちゃいます!

ゲームモードの設定

ゲームモードが有効な時に無効にすつキーを設定することできます。この設定はプロファイルにも保存でいきるので結構便利です。

入力分析

キー時間のヒートマップやキープレスのヒートマップを表示できます。どのキーの利用率が高いかすぐに分かりますが、あまり必要ないかな。重心とかも分かるんですね笑笑

よく使用する人はキーに割り当てるとすぐにアクセスできます。

まとめ

ロジクールの有名なゲーミングキーボードですが、結構気に入っています。友達が来たときに、このキーボード見ておぉ!って言ってくれます笑

ゲーム以外でもキーを割り当てて使えるし、パームレストとレッグで疲れを感じないのでおススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました