MacBook Proのハードケースには半透明がオススメ!!

MacBook Proに保護フィルムとスキンシールを貼りました。しかし、iPhoneみたいにケースみたいなものにも入れてみたいな〜と思いました。そこで探したら良さそうなのがあったので買って着けてみました。MacBookに関してはあまりケースに入れている人は見かけないのですが、僕は見栄えをあまり気にしないのでハードケースを着けた方がしっくりきました。

※今回紹介するMacBookのケースは最新モデルに対応しています。

MS factory MacBook Pro 13ハードケース

今回MacBookのハードケースとして選んだケースはこちらです。

  • ぴったりフィットする
  • 様々なモデルに対応
  • ケースの色が豊富
  • 半透明なのでAppleロゴが透ける
  • Retina Displayの美しさを邪魔しない
  • 見た目が良い

開封

なんかオシャレなケースに入っていますが、開けて装着していきます。

このパズルのデザインは何なんでしょうか。それはそうと、Touch Bar有り、無しの両方とも同じケースのようです。実際、内側までカバーするのではなく、外側だけなので関係ありません。

 

裏面はこんな感じで、このイラストに書いてある通りMacBookの表と裏側にパカッとはめるだけです。

 

思っていたよりかは透明感がなく半透明でしたが、実際に着けて見ると悪くはなかったです。

 

素材は見た目はプラスチックみたいですが、ポリカーボネート製なので丈夫で衝撃に強いです。さらに、軽量なので感覚的には着けていない時とあまり重さは変わらないです。

別にどちらからでもいいと思うのですが、商品ページでは裏面からカバーを装着していたので裏面から着けてみます。

 

上下のどちらか片方から入れていくと入れやすいです。パチンと音がなったらちゃんとフィットしています。

裏面のカバーには、熱を逃すように隙間があります。パソコンってスマホよりも熱を持ちやすいので、少しでも温度を下げたり電池を持たせるようにすることができます。

 

また滑り止めもついているので、机から落ちたり、滑ったりすることはありません。

 

装着してみると、想像していたより綺麗に見えますね。なぜでしょう笑

 

当たり前ですが、表面も裏面と同じ色で素材です。

MacBook本体の色と合わさっているということもあり、いい色が出ています。改めて見ると少しMacBookの本体の色と似た透明なシルバー色にも見えます。

では、表面も着けてみましょうカバーのツメをしっかりと押してはめます。しっかりとフィットするので外れる心配もありません。

 

なかなかいいんではないでしょうか。透き通った感じの方がいいという人もいると思いますが、こんな感じにちょっとぼかしが入っているのもいいです。しっかりリンゴマークが見えるので十分です。(←これ重要!)

 

ちなみにサイドなんですけど、Thunderbolt 3 (USB-C) ポートの邪魔をすることなくカバーされているので心配不要です。

 

作業する側からMacBookを見てみると、ケースを着けているのか、着けていないのか分からないくらいです。なので、作業していても全く気になりません。

あと、暫く使っていて思ったんですけど、このケース自体もあまり傷つかないんですよね。iPhoneとかのケースってよく汚れたり傷がついたりしますが、そういったことがないところも良いところです。

まとめ

商品説明には一応半透明と書かれていたのですが、想像していたよりもシルバーっぽい色をしていました。しかし、これはこれでいいなと思います。最新モデルはもちろん、幅広いモデルに対応しています。さらに色が18種類もあるので男性、女性問わずオススメできます。

コメント