Spigen iPhone7のケースは背面にカードを入れっぱなしにするならおすすめ‼

ガラスフィルムを貼って裸のiPhone7にケースつけてみました!ケースはずっと愛用しているSpigen製にしました。Spigen製は少し重い印象ですが、その分丈夫でデザインも好きなので愛用しています。

このケースは色んな意味で頑丈です笑笑 その意味は後ほど。

Spigenスマホケース フリップ・アーマー概要

Spigenスマホケース フリップ・アーマー
ブランド Spigen
重さ 約40g
対応デバイス iPhone7
カラー ジェット・ブラック、サテン・シルバー、ジェット・ホワイト、ローズ・ゴールド

カード2枚収納可能
エアークッション付き
・電磁波防止シート付き
・背面保護フィルム付き
・指紋がつきにくい
・耐衝撃パッケージで発送
・メーカー365日保証付き

開封

はいはーい開封しまーす‼︎

外箱を見た限りではかなりかっこいい。今回はカード収納スペースがスライド式ではなく、下がパカって開く仕組み。色々探しましたが、カードが落ちなさそうなのでこれにしました。

いつも通りTry itして開けます。

中身はこれだけ。スマホケースにフィルムが付属しているのは少し珍しいかな? これは背面フィルムで、カードなどでiPhoneが傷つかないようにするためにあります。さらに、電波干渉防止シートがついています。これを入れておかないとクレジットカードなどは磁気不良になる可能性があります。

素材はTPUとポリカーボネートです。TPU素材なので、ゴムみたいですがかなり硬いです。背面部分に収納スペースにはICカードやクレジットカードが収納できる。中ではカードが動かないように設計されています。

表というか裏というか、中はこんな感じです。

重さは約40gで少し重い気がしますが、その分頑丈なら文句は言えないですね。

それではiPhoneをケースに入れていきます。

まずは背面フィルムを貼ります。

少し汚く見えますが、これでも結構綺麗に貼れた方です。リンゴマークのとこは仕方ない…どうせケースで見えない部分なのでいいでしょう。

背面フィルムを貼ったのでケースに入れていきます

おお!なかなかいいんじゃない?

サイドが透明で綺麗な感じがします。初めてですが、黒のiPhoneに透明のケースは結構似合う。

重さは186gですが、iPhoneⅩ以降と比べれば軽いですね。

前面も背面もフチ高く設計されているので、液晶画面とカメラレンズをキズから保護してもらえる。

ここにカードを収納できます。2枚収納できます。さらに、ケース内側の四隅にはエアークッションがあり、衝撃を吸収してくれるので落としたときのダメージを軽減してくれます。

ここまではいいのです。何の問題もありません。

が…

が!

が!

これ硬すぎて開けるのが大変(泣)

ケースを外さなくても、

カードの収納と取り出しが簡単にできます。

って書いてありますが、頑丈すぎて開けにくすぎました。

ちなみに、ICカードは表面がiPhoneの背面側にあたるように収納しないと反応しないそうです。ICの読み取り機器に近い方にカードを合わせる。

まとめ

ICOCAやSuicaを入れっぱなしにしておく人にはいいかもしれないです。しかし、カ

ドをよく出し入れする僕には致命的でした。学生証や近くのスーパーのカードを入れてみましたが硬すぎて取り出しにくすぎました。手が痛くなります。

カードの出し入れをよくする人には向いていないと思います。少し残念でした。やっぱりスライド式にしようかな…

↓Spigen製のスマホケースにはSpigen製の液晶フィルムやガラスフィルムが推奨されているのでこちらも

コメント