ディスクタイプのタッチペンはパズドラやツムツムにオススメ!!よく滑るので使いやすい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホのタッチペン選びは意外と悩むと思います。僕もいくつか購入して試してみました。

特にスマホゲームをする人にとっては、できるだけ使いやすくて疲れにくいタッチペンが良いですよね。そこで、僕が使っていてオススメのタッチペンがあるので紹介したいと思います。

今回紹介するのはディスクタイプのタッチペンで、パズドラなどのスマホゲームでは使いやすいと評判のタッチペンです。

ディスクタイプのタッチペンとは?

ディスクタイプのタッチペン?って、いまいち分からない人もいると思います。ディスクタイプのタッチペンというのは、ペン先が透明な樹脂でできたタッチペンです。

写真を見てもらったら分かると思いますが、先に透明のディスクがついています。

えっ?こんなん付いていてちゃんと使えるの?と思ったと思います。僕も最初見たときはこんなん使いにくやろって思いました。しかし、使ってみると意外にめちゃくちゃ使いやすいです笑

僕はメインのタッチペン2本使い分けているのですが、そのうちの1本です。

ディスクタイプのタッチペンの概要

エレコム 極細ディスクタイプタッチペン
ブランド ELECOM(エレコム)
タッチペンの種類 ディスクタイプ
材質 アルミ合金、ポリカーボネート
寸法 長さ(最長):約135mm、本体部径:約9mm、ペン先:約7.5mm
重量 約20g
対応機種 スマートフォン、タブレット
カラー ブラック、シルバー
  • ディスクタイプタッチペン
  • ペン先が細い
  • ペン先が透明なので、ポイントが見やすい
  • サスペンション付きで操作がしやすい
  • ゲームや文字を書くのにも適している
  • 滑らかに滑る
  • ペン先の収納が可能

ゲーム以外での文字を書くにしても滑らかで書き心地は良いです。

開封

いつもみたいに開けていきまーすと言いたいのですが、実は1回開けてしまいました。開けて写真を撮ったのですが、電気が反射しすぎて撮り直しました...

 

開けてみると、プラスチックのケースに入っています。説明書とかはなくて、外箱に使用上の注意などは書いてありました。

 

タッチペン全体はこんな感じです。全長は自分で測ってみたのですが、商品情報と同じく13.5cmでした。シャーペンと同じくらいの長さです。

見た目もほとんどシャーペンに見えます。見た目はブラックで、ボディの素材はアルミ合金なので光とかは反射しにくいサラサラな手触りです。

 

重さは、僕が測っってみると21gでした。シャーペンと同じくらいか、少し重いといったところです。使っていて重たいと感じたことはないので問題ないです。

 

気になるチャームポイントのペン先は、ポリカーボネートでできていて透明です。

 

外側から見た写真です。ペン先以外は高級感があります。ペン先は違和感があります笑

 

ペン先はマグネット式になっていて、取り外し可能です。普段は取り外すことは無いと思いますが、別売りのペン先を交換するときに取り外したりします。

マグネットとはいえ、真っ直ぐ取らないと取れないので普通にしていて取れることは無いので安心です。手で取らないと取れることはなさそうです。

 

グリップの部分は、本体と同じ素材ですが、ザラザラになっていて持ちやすくなっています。

 

時計回りに回すと、ペン先が収納できます。収納するときは、ペン先が真っ直ぐになっていなくても、回せば自然に真っ直ぐになってぴったり収まります。

 

使ってみるとちゃんとスラスラと滑らかに使えました。

 

使ってみた感想

良かった点やイマイチな点も含めて、使っていて思ったことを書いていきます。

良い点

滑らかで使いやすい

ディスクタイプのタッチペンを使ったのは初めてだったのですが、想像以上に使いやすかったです。なんといっても滑らかです!スラスラ具合でいったら多分このタイプが1番だと思います。

少し油を塗ったんじゃ無いかってくらい滑らかです。ちょっと滑りにくいフィルムを貼っていても問題ないです。サラサラフィルムじゃなくて、画面保護を考えてガラスフィルムを使っている人も大丈夫です。

初めは変な感じがしますが、慣れるとこのスラスラ感が良くなってきます。

ガラスと樹脂は相性が良いのか気持ち良いくらい滑らかです。

ペン先が透明で見やすい

これは、使ってみて初めて気付きました。そもそもペン自体細いので、見やすいのですが、さらにペン先が透明なのでポイントが見やすいです。気持ち的にも見やすいのでストレスが減ります。

指や他のタッチペンだと横から覗いたり、指の動かし方に気を付けないと見にくいです。特にゲームをしていると、指を使っていると邪魔...といったことがあります。

なので、見やすいというのは良い点です。

サスペンション付きで操作しやすい

ペン先にサスペンションが付いているので、ある程度は自由に動かすことができます。これも他のタッチペンにはないところです。

ペン先の角度が変えられるので、楽に動かすことができます。動かしているうちに自然と角度が変わるので、力を入れずに安定に動かすことができます。

ペン先を交換できる

割とペン先を交換できるタッチペンはありますが、このタッチペンにもあります。

サイズが同じなのでこちらでいけると思います。

ペン先を収納して保護できる

回すだけで収納できて、ペン先を保護できるのは良いです。交換できるといってもできるだけ長持ちさせたいです。

あと、クリップも付いているのでポケットに入れたり引っかけたりすると思いますが、収納できればペン先の邪魔にもなりません。

残念な点

画面にゴミがあると引っかかる

これはたま〜にですが、画面に小さなゴミがあると引っかかリマス。それでもそこそこ滑らかに滑りますが、引きずっている感覚があるので少し気持ち悪いです。

なので、画面を拭いてから使うと良いです。画面にフィルムをしていると滑らかさが落ちる場合もあるようです。

とはいえ、ホコリ程度なら引っかからないのでそこまで気にならないです。

サスペンションで変わった角度はそのまま

サスペンションは動かす時に自然に曲がってくれるのですが、画面から離してもそのままです。

ゲームをしていると、途中で画面から離すことはよくありますが、曲がったままなので次にまたタッチペンを使おうとしたらペン先の角度を少し戻したりしないといけないです。

別にそのままでもできますが、僕はよく画面の上に置いて角度を調整します。

収納の止めが弱い

僕の使い方が悪いのかわかりませんが、使っていると勝手にペンが収納されていくことがあります。一応、止めはあるのですが少し弱い感じがします。

まとめ

ディスクタイプのタッチペンはゲームをしている人は知っている人も多いと思いますが、一般的なタッチペンのイメージとは少し違いますが使いやすいです。

実際、パズドラなどのスマホゲームをしている人はこのタイプのタッチペンをよく勧めています。滑りが本当に滑らかで、力を入れずに自然に動かすことができます。ついこのタッチペンを使っちゃいたいと思うようになります笑

手も疲れないので長時間ゲームすることがある人にもオススメです。

僕がこのタッチペンと使い分けているタッチペンもあります。こちらもかなり使いやすいです。

パズドラのタッチペンにはSu-Pen(スーペン)がおすすめ!!滑らかで使いやすい

 

ちなみにタッチペンの相性も考えて頑丈なガラスフィルムでオススメなのはこちら(Android用もあります。

【 究極のさらさら感! iPhone XS ガラスフィルム 】iPhone X/XS ガラスフィルム【パズルゲーム用】なし 硬度10H OVER's ガラスザムライ

コメント

タイトルとURLをコピーしました