【MacBook】持ち運び充電器はAnker PowerPort Atom IIIで決まり

実家に帰省した時にMacBookの充電器を忘れたことに気づくオワタ…

MacBookユーザーならこの失態がいかに重大か分かると思います。USB-typeCの充電器は家電量販店かネットくらいしか売っていないので、Amazonで買う羽目になりました。

しかも、約4,000円飛びました(泣)

しぶしぶ購入した充電器ですが、大きくなく、重くもなく、スマホと同時に充電もできるので持ち運びにはとても便利だと気づきました。

Anker PowerPort Atom IIIはMacBookの持ち運び充電器に最適

こちらが今回僕が購入した「Anker PowerPort Atom III」です。

白色のAnker製品は初めてです。MacBookを充電できる充電器はいくつかあるのですが、iPhoneも同時に充電できるのでコレにしました。

充電器やコードはいつもポーチの中に入れていますが、早速この充電器も入れておくようにしました。(今まではMacBookの充電器は必要な時だけ入れていました)

スペック

Anker PowerPort Atom III(Two Ports)
ブランド Anker(アンカー)
製品寸法 68×69×28mm
重量 約150g
入力 100 - 240V ~ 1.8A 50 - 60Hz
出力 USB-C出力:5V=2.4A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=2.25A (最大45W)
USB-A出力:5V=2.4A / 9V=1.66A / 12V=1.25A(最大15W)
ポート数 USB-C×1、USB-A×1
カラー ホワイト
対応機種 iPhone、Android、MacBookなど
保証期間 18ヵ月

出力のワット数ですが、最大で45W出るので充分充電はできます。MacBook Pro 13インチだと、Apple純正品は60Wの充電器を使うのですが、17Wくらいあれば充電はできるようです。

なので、ワット数に関しては心配する必要はありません。実際にこの充電器で充電しながらMacBookを使っていますが、充電が追い付かないということはありません

持ち運びの充電器はこれ1つだけで充分

僕が気に入っている点はこちら。

  • MacBookとスマホを両方同時に充電できる
  • 急速充電に対応
  • 割と小さくて軽い
  • 持ち運びやすい形
  • Apple純正品よりもコスパが良い

1つずつ特徴を見ていきます。

MacBookとスマホを両方同時に充電できる

仕方なく購入せざるを得なかったのですが、iPhoneと一緒に充電できるやつを買えばコレ1つあればよくね?ってなり購入しました。

今まで特に深く考えていなかったのですが、いちいちiPhoneとMacBookの充電器2つ持っていくのはかさばります。それが、コレ1つで済むので超楽です

ほとんどのMacBookユーザーは、スマホとMacBookの2台だと思うので充分だと思います。

急速充電に対応

  • Power Delivery(PD)対応
  • Qualcomm Quick Charge対応
  • PowerIQ 3.0/PowerIQ 2.0搭載

Power Delivery(PD)というのはUSB Type-Cの給電規格で、大きな電力を速く供給することができます。Qualcomm Quick Chargeは、スマホやタブレットを急速に充電できる給電規格です。

この充電器はこの2つの急速充電に対応しています。

さらに、Anker独自のPowerIQという技術も搭載されています。これによって、接続機器に応じた充電をしてさらに充電スピードを上げることができます。

Anker製品は体感できるほどの充電速度です。

ちなみに充電コードもPD対応でないと意味がないです。同じくAnker製の充電ケーブルを買うのが無難ですが、この記事の最後に紹介しています。

割と小さくて軽い

少し大きいように見えますが、充電器2つ分と考えると小さいです。普通にポケットに入るサイズなので、大きくはないです。iPhoneの充電器と比べてみても荷物にもならないことが分かると思います。

重さに関しても約150gなので軽い方です。iPhoneⅩsより少し軽いくらいです。

持ち運びやすい形

Ankerの製品は基本的に持ち運びやすいように工夫されています。(こういうところもAnker製品を愛用している理由の1つです。)

この充電器も正方形に近い形になっているのでポーチとかに入れやすいです。iPhoneの純正の充電器だと無駄に出っ歯ているのが鬱陶しいです。

この充電器だとプラグをしまうこともできるので、無駄がないです。

 

余談ですが、持ち運びに関しては以下の4つをカバンに入れておけば完璧!

モバイルバッテリーはスマホの充電用です。MacBookのを充電するのに適しているモバイルバッテリーは重いのであまりオススメしません。

Apple純正品よりコスパが良い

そもそも純正品に同じ2ポートのものはありませんが、一般的なMacBook用の充電器よりかは安いです。ただ、Apple限定のAnker製の似たような商品はあります。同じ2ポートでスマホとMacBookの両方充電できます。

こちらの方が性能が少し良いのですが、7,000円超えます笑

多分少し充電速度が速くなるくらいなので、今回紹介した物の方がコスパは断然良いです。充電も遅くないですし。

Appleの公式で販売されていることからもAnker製品の品質は信頼されているようです。

iPad持ちやスマホ複数台持ちはこちら

iPadも持っていくんだけど…っていう人やスマホ複数台持ちの人もいると思います。そういう人はポートが足りないと思うのでこの5ポートある充電器がオススメです。

ポートが多いので各ポートのワット数が分散されてしまいますが、複数台持ちの人にはちょうどいいと思います。

家と外出用の充電器は分けること!

思わぬ形で良い商品を掴みましたが、外出時に普通にMacBookを使う分にはこの充電器で充分です。ただ、忘れてしまっては意味がないのでカバンに入れっぱなしにしておきます。

家と持ち運び用の充電器は分けておいた方がいいです。USB-TypeCに対応していてMacBookを充電できる充電器は結構高いのでシャレになりません。

でも、2つ持って行っていた充電器が1つになったのでよかったです。

以上、出先で仕方なく買った充電器が優秀だった話でした!

 

コードも同じくAnker製がオススメです!

PD対応なので急速充電の性能を発揮することができます。

 

↓iPhoneのケーブルはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました