Kindle本を間違えて削除してしまった時の復元方法【解決できます】


Kindle本をアカウントから削除してしまった…
Kindleのライブラリから買ったはずの本がない…

こういう時の対処方法を教えます。

僕もつい先日、AmazonのアカウントサービスをいじっていてKindle本を削除してしまいました。
こういった、うっかり間違ってkindle本を削除してしまった場合どうすればいいのか。復元できるのか。色々気になると思いますが、安心してください!

この記事の通りにすればちゃんと無料で復元することができます。僕が実際にこの方法でできました。

Kindle本の「削除」の種類


Kindleにはややこしいですが、2つ「削除」というものがあります。

  • 端末から削除
  • アカウントから削除

この2つの違いを軽く説明しておきます。この2つは対処法が異なるので、自分がどちらのタイプか確認しておいてください。

端末から削除


こちらの場合は、すぐに復元することができます。画像のように、「端末から削除」で削除されたものになります。なので、もう一度端末にダウンロードするだけでOKです。
具体的には、

Kindleのアプリで、ライブラリ→すべて→ダウンロードを選択

これだけで大丈夫です。ダウンロードできて、本が読めたと思います。
どの端末でもやり方は同じです。

買ったはずなのにない場合は、アカウントから削除してしまっていると思うので、次の「アカウントから削除」を見てください。

 

補足:容量的な問題で端末から削除する場合はこちらの「端末から削除」をします。Amazonの方で一括で管理できますが、削除したい端末から行う方が良いと思います。

アカウントから削除

さて、Kindleの「ライブラリ」→「すべて」と進んでも買ったけど本がない…という人はこちらです。

これは購入はしたけど、アカウントから削除されてしまっているパターンです。自分のアカウントのページから直接Kindle本を削除してしまったのだと思います。

アカウントサービスの「コンテンツと端末の管理」で本がないことからも確認できます。僕も「完全に削除します」のボタンを押してしまいました。

でも、復元することは可能です。ただこちらの場合は、自分では復元することはできません。カスタマーサービスから復元してもらわないといけません。

問い合わせ方法は、

  • パソコン:電話、チャット
  • スマホ:Eメール、電話

となっています。

電話とチャットはどちらも24時間対応です。普段あまり問い合わせをしない人がほとんどだと思うので、具体的な方法を次に書いておきます。

1つ注意点があって、復元してもらう時に商品名(本の名前)の確認があるので、やらしい本の場合は電話は避けた方がいいかも笑

kindle本をアカウントから削除してしまった対処方法

それでは、問い合わせの仕方を説明します。今回は僕がパソコンでしたチャットでのやり方を書いていますが、他の電話やEメールも基本的には同じです。
まずはこちらの問い合わせのリンクに飛びます。
問い合わせーAmazon

または、「ヘルプ」→トピックから探すの「問題が解決しない場合は」→「カスタマーサービスに連絡」と進んでもいけます。

スマホの場合は、「カスタマーサービス」→お困りの場合の「カスタマーサービスに連絡」でアクセスできます。

問い合わせ内容を入力

問い合わせのページに進むことができたら、順番に入力していきます。そんなに入力することがないのでまとめて書いておきます。

  1. お問い合わせの種類を選択してください
    →デジタルコンテンツ-kindle本、ビデオ、音楽など
  2. お問い合わせ内容を選択してください
    →お問い合わせ内容:Kindle電子書籍
    →詳細内容:Kindleコンテンツの問題
    →さらに詳細を選択してください:Kindle本のダウンロードの問題

これでOKです。

あとは担当の人と電話かチャットして復元してもらいます。その前に注文番号が必要になるので注文履歴から注文番号をコピーしておきましょう。
電話でする人は、聞かれたらいつでも言えるように画面だけ表示しておけば大丈夫です。

チャットで問い合わせする

問い合わせフォームの3の「お問い合わせ方法を選択してください」で、チャットを選択します。

 

するとライブチャットのウィンドウが出てきます。そこで具体的なお問い合わせ内容を入力します。
ここは、

Kindle本を誤って削除してしまったのですが、復元してもらうことは可能でしょうか。

でいいと思います。「送る」をクリックすると担当者に接続されます。ドキドキ

チャットで使用する名前を本名から変更することもできるようです。

担当者に繋がって、反応があるまで待っておきます。上で入力したお問合わせがチャットの始まりとなるので、こちらから入力する必要はないです。

具体的な流れは、

  1. 軽いあいさつ
  2. 注文番号の入力
  3. 本の名前の確認&復元
  4. 復元できているかの確認
  5. お礼を言って終了ボタンをクリック
  6. アンケート

こんな感じで、5、6分くらいで終わりました。

途中の復元ができているかの確認ですが、kindleの「ライブラリ」→「すべて」で追加されているかどうかで確認することができます。または、コンテンツと端末の管理の1番に追加されていると思います。

 

終わったあとはちょっとしたアンケートがありました。

  • 問題解決したかどうか
  • 担当者の評価

この2つです。迅速な対応をして頂いたのでしっかりとお礼を言っておきました。

 

これであとは端末の方でダウンロードするだけです。

本がダウンロードできるか確認

これは直接ダウンロードしたい端末からするのがいいでしょう。
Macの方でダウンロードしてみます。

できました!よかったよかった。

Kindle本の管理は注意が必要

削除してしまった瞬間は冷やっとしましたが、無事復元することができました。

僕は夜の10時くらいに問い合わせをしたのですが、24時間対応なのはありがたいですね。うっかりKindle本を削除してしまったり、買った本がない場合はちゃんと復元することができました。
しかし、日頃からKindle本の管理には注意しておかないなと思いました(^_^;)

Kindle Unlimitedで読める本は削除しても復元がないのでたくさん本を読む人にはいいかも。30日無料体験もすることができます。
>>Kindle Unlimited 読み放題 >今すぐチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました