【Mac】EaseUS Data Recovery Wizardはちゃんとデータが復元できる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パソコンを使っていると、1度はデータを復元したくなる時があると思います。僕もブログ記事の写真を間違ってフォルダごと消してしまったことがあります。
パソコンやUSBメモリやHDD(ハードディスク)のデータを復元するには、大抵の場合は復元ソフトが必要になります。

その復元ソフトですが、今回「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」を使ってみたのでレビューをしていきます。様々な状況から復元でき、Macだけでなく多くのメモリカードやドライブに対応しています。

記事内ではMac版を紹介していますが、Windows版もあります。

EaseUS Data Recovery Wizard for Macの機能

そもそもこのEaseUS Data Recovery Wizard for Macって何ができるの?っていう疑問に答えていきます。データ復元と言っても色々あるので、具体的にどんなことができるのかまず紹介しておきます。

機能一覧

主な機能は上記の通りです。

  • Mac本体、USBメモリ、外付けハードディスクなど様々なデバイスのデータを復元可能
  • 復元できるファイルは、写真、動画、音声、ドキュメントなど多くのファイルや拡張子に対応
  • 間違って削除、データ紛失、ハードディスクの損傷、…など様々な状況から復元可能
  • 1度行ったスキャン結果を保存することができる
  • フィルタやプレビュー機能があるので削除されたファイルを見つけやすい
  • Macが起動できなくても内蔵の起動ディスクでデータを復元することができる

MacやUSB、外付けHDDなどで消えてしまったファイル、フォルダ、写真や動画を復元することができます。

エディションの比較

エディションによる比較は上の画像の通りです。

大きな違いはこちら

  • Free→復元できるデータは2GBまで(これを越えると有料版のアップグレードが必要)
  • Pro→機能の制限はなし(データ復元回数や容量の制限なし)
  • Technician→企業などMacを複数台使う人向け

2GBのファイルなんて動画くらいなので、取り敢えずはほとんどのデータはFree版で復元できると思います。この2GBのデータ復元をする間にどんなファイルが復元でき、復元の成功率を確認しておくといいです。

それで気に入った場合は、有料版にアップグレードしてみたら良いと思います。

サポート

カスタマーサポートや返金保証などが心配な人もいると思うので、そちらも載せておきます。

  • バージョンアップデート:無料
  • セキュリティ保障:製品にウイルスやプラグインはなし
  • 返金保障:30日間内の返金保障
  • カスタマーサービス:24時間年中無休で無料サポート

個人的には、無料でアップデートができる点が良いかなと思います。他のソフトによっては、大型のアップデートは有料とかなっているものもあるのですが、EaseUS Data Recovery Wizard for Macのアップデートは永久無料です。

1度購入したら追加料金はなしで使い続けることができます。

ダウンロードと簡単な使い方

ここまでで、大体どんなことができるソフトか分かったと思います。それでは、肝心な実際にデータを復元できるのかを確認していきます。ここからがメインです笑

ホームページからダウンロード

ダウンロードはEaseUSの公式ページからできます→EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Free

Pro版(有料版)はこちら→EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Pro

Pro版(有料版)の方は無料トライアルがありますが、そちらはスキャンのみなので復元機能を使いたい場合はまずは無料のFree版をダウンロードするといいです。

 

「無料ダウンロード」と書いてあるのでそこからできます。画像はFree版ですが、Pro版でも同じです。記事内ではPro版を使っていますが、性能は変わらないです。

 

Macの初期設定では機能が制限されるので、ダイアログが出てくると思います。これはインストールに失敗した訳ではありません。

システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」でソフトウェアの読み込みを許可します。これによって、Macのディスクに対して復元ソフトが使えるようになります。

 

インストールして、セキュリティの設定が完了するとこのような画面になってスキャンが可能になります。

データを復元してみる

それでは実際にデータを復元していきます。

操作は簡単です。

  1. ドライブやメモリカードをMacに接続する(Mac内のデータ復元は何もしなくてOK)
  2. データ紛失したドライブやメモリカードを選択
  3. スキャンする
  4. 復元したいデータを選択して復元

今回はUSBメモリのデータを復元したいと思います。別にMac自体のデータでもいいのですが、Mac自体にあまりデータを保存してないのと、そもそもMacを使い始めて1年くらいで削除したデータがあまりないという理由です。

というのも、USBの方は何年も使っているので秘蔵のデータが出てくるかもしれない…という期待もありました。

 

今回はテストとして、「test001」というフォルダにいくつかファイルを入れてそれを削除して復元してみます。この辺が難なく復元することができたら特に問題なく使っていけるソフトだと思います。

 

まずはUSBを挿します。すると自動で認識してくれるので、USBメモリを選択して「スキャン」をクリックします。

 

スキャン自体は15分くらいで終わりました。結構時間がかかっていると思われるかもしれませんが、この間に15万ファイル以上探してくれています。

Mac本体のスキャンだと1時間くらいかかりました。

 

さて、ここから4ファイルを探していきます。

探し方は、画面の左側に「種類」と書いてあるのでそこをクリックして、ファイルの種類や拡張子別に探すことができるのでそこから絞って探していきます。更に、表示はプレビューでを見れるようにします。

 

お!画像発見!

ファイル名が大文字になっていますが、プレビューで確認するとtest001.jpgのファイルのようです。この後、すぐにドキュメントファイル→音声ファイル→動画ファイルを見つけることができました。

 

復元したいファイルを全て見つけることができたら、上の「今すぐ復元」から復元します。検出してあるので、復元は数秒でできました。

「recovery001」というフォルダに復元してみました。

 

問題はファイルがちゃんと見れるのか!フォルダの中身を見てみると…

結構フォルダ分けされるようですが、プレビューが見るので破損せずに見れそうだ!一応確認してみます。

 

問題なく全て見ることができました!動画や音声もしっかりと再生することができました。

 

1度スキャンしたデータをエクスポートしておくと、もう1度スキャンすることなくデータを復元できます。復元し忘れたり、パソコンをシャットダウンしてもすぐに復元できます。

エクスポートは10秒くらいで終わりました。

 

以前削除した画像も復元できないか、探していたら何と以前間違って消してしまったブログ記事用の画像が出てきました!

しかも2年くらい前画像です笑

まさかの出来事だったので嬉しかったです。

実際に使ってみて思った点

EaseUS Data Recovery Wizard for Macを使ってみての感想を書いておきます。

良かった点・使いやすいところ

まずは良かった点です。

  • ちゃんとデータを復元することができる
  • 復元したいデータが探しやすい
  • エクスポート機能が便利
  • サブ機能も実用的

ちゃんとデータを復元することができる

テストで示した通り、ちゃんと復元することができます。こういう復元ソフトって意外と復元できないソフトが多いんですが、このソフトは復元できました。

しかも、2年前の間違って消したブログの画像まで出てきました!もちろん、全部が全部100%復元することができるわけではありません。

あと、余計な機能がないのも良いですね。余計な機能はあるが、肝心なデータを復元することができないソフトもあるので。

復元したいデータが探しやすい

プレビュー機能は使いやすいですね。自分が復元したいファイルが目で見て確認できます。

また、ファイルの種類や拡張子である程度絞ることができるので、探しているファイルが見つけやすいです。

エクスポート機能が便利

これは他のソフトにはあまりない機能ですが、スキャンしたデータをエクスポートして保存することができます。復元するファイルの容量にもよりますが、スキャンには時間がかかります。

エクスポートさえしておけば、もう1度スキャンする必要はないです。

  • 用事があるので後で復元したい場合
  • データが多くて探すのに時間がかかる場合
  • 復元先の容量がない場合
  • スキャンしたデータの中に他に復元したいデータがあるかもしれない場合

こんな時に役立ちます。実際に使っていて結構便利だと思いました。

サブ機能も実用的

大抵のソフトのサブ機能ってあまり使えるものがなかったり、どうでもいいものだったりします。でも、このソフトはありがたい機能があります。

  • ハードウェアの問題についてディスクを監視することができる
  • ブータブルUSBデバイスを作成することができる

 

ハードウェアに問題がないかソフトに監視させることができます。こうすることによって、エラーによるデータの紛失を防ぐことができます。

 

ブータブルUSBデバイスの作成については、Macが起動できない時に、あらかじめUSBなどでブータブルディスクを作成し、元のデータを上書きしないで復元することができます。

使っていないUSBで作っておくと良いと思います。

気になった点

使っていて悪かったところはなかったです。ただ、気になった点はありました。

  • フォルダ単位では探すことができない
  • ファイルの名前が変わってしまう
  • プレビュー機能は表示されない場合もあり

フォルダ単位では探すことができない

良くも悪くもファイル単位で探すことになります。技術的にできるかは知らないですが、フォルダ単位でファイルを整理したり保存している人は、フォルダごと復元したい場合があると思います。

その場合は、画像→ドキュメント→音声→動画と順番に見て行くことになります。

それと、良くできているのかコンピュータが認識するような人間には不要なファイルまで検出するので、少し紛らわしかったりもします。

(ファイル名が同じの場合は復元してみないとどっちが復元したいファイルか分からないものもありました)

なので、ここでフォルダごと復元できるようになればもっと早く復元できるのにと思いました。

ファイルの名前が変わってしまう

これは他のソフトにも言えるのですが、ファイル名が変わってしまう場合があります。今回の復元では、大文字に変わっているファイルもありました。

後でファイル名を変更すればいいだけなので、僕はそんな気になりませんが、注意ということで一応書いておきました。まぁ1度消してしまっている以上、大文字になるくらいは全然許容範囲ですよね。

プレビュー機能は表示されない場合もあり

プレビューはファイルによっては表示されないものもありました。PDFやテキストファイルはプレビューで表示できていないものがありました。でも、復元できるものはしっかりと復元できていました。

音声ファイルに関しては、基本的にプレビューはないので復元してみないと分からないです。

※ちなみに、僕の感覚ですが画像と動画に関しては多分プレビューできていないものは復元してもファイルが破損していると思います。(そもそも復元する前からファイル自体が破損していた場合も多いです)

復元のカバー率が高いのでオススメ

提供していただいて初めて使ったソフトでしたが、他のソフトと比べて復元率は高いと思います。

ついでに復元できたブログの画像ですが、消してしまった時に復元ソフトを使いましたが、復元できませんでした。

それが今回このソフトを使ってみたらあっさりと復元することができました。なので、ある程度はデータが破損することなく復元することができると思います。

 

長く使って行くには有料版の購入が必要になるとは思います。

ただ、このEaseUS Data Recovery Wizard for Macはバージョンアップされても無料でアップデートができるので損ではないと思います。いざという時に、すぐに復元できます。

 

復元できるデータの量が多くてとても強力なソフトなので、僕はMacに常備しておこうと思います。

>>EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Free版ダウンロードページ

セールもやっているみたなので、他のソフトと合わせて購入するといいかもしれないです。

 

  • 2GB以下のデータを今すぐ復元したい人
  • 復元ソフトを1つは持っておきたい人
  • Macの復元ソフトが欲しい人

コメント

タイトルとURLをコピーしました