Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法【スマホ対応】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Googleアナリティクスでアクセスの分析をする人は多いと思います。しかし、初期設定では自分でアクセスした数もカウントされます。

記事のプレビューとかもPVにカウントされるので、あまり正確な数ではなくなってしまいます。

自分のアクセスは邪魔なので、Googleアナリティクスで除外する設定をしていきます。この記事の通りに設定すれば、パソコン・スマホ・タブレットなどのあらゆる端末からのアクセスを除外することができます。

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する

手順はこちら

  1. IPアドレスを確認する
  2. Googleアナリティクスのフィルターで除外する

IPアドレスって何?となる人もいると思いますが、ネットに繋ぐのに必要な番号みたいなものです。

このIPアドレスを調べて、それに対してGoogleアナリティクスのフィルター機能でアクセスのカウントを除外するっていう流れです。

特に難しい作業はなく、そのまま真似していってもらえれば設定することができます。

IPアドレスについて

設定の前にIPアドレスで重要なことを書いておきます。(難しくないです)

今回のGoogleアナリティクスでの除外方法は、端末ごとに行います。なので、若干原始的なやり方です。でも、使っている端末1つずつ全てを設定する必要はないです。正確には、使っているルータごとにフィルタをかけていきます。

その理由は、IPアドレスは同じルータに繋がっている端末では、同じになるからです。

分かりやすく言うと以下です。

  • 自分の家のルータ(Wi-Fi)に繋がっている端末は全て同じIPアドレス
  • 4Gと家のルータ(Wi-Fi)では、同じ端末で接続した場合のIPアドレスは違う

さらに、多くの人は次のパターンだと思います。

  • 家にいる時→スマホ、パソコン両方家のWi-Fiに繋ぐ
  • 外でスマホを使う時→4G、フリーWi-Fi、ポケットWi-Fiに繋ぐ
  • 外でパソコンを使う→フリーWi-Fi、ポケットWi-Fiに繋ぐ

なので、以下のIPアドレスを除外すればいいことになります。

  1. 家のルータ(Wi-Fi)に接続した時のIPアドレス
  2. 4G(auやdocomoなどのキャリア)に接続した時のIPアドレス
  3. フリーWi-Fi、ポケットWi-Fiに接続した時のIPアドレス

3.とかは使っていない人もいると思うので、この辺は自分に合わせて下さい。

ここを理解できていると話が早いです。

※家のWi-Fiに接続した端末のIPアドレスを除外すると、当然家族からのアクセスも除外されますがそれは仕方ないです。

IPアドレスの確認

除外すべきIPアドレスが分かったところで、IPアドレスを確認していきます。パソコンの設定から見ないといけないの?と思うかもしれませんが、大丈夫です。

接続している端末のIPアドレスを調べてくれるサイトがあるので、そのサイトにアクセスします。初めは自宅のルータに接続しているパソコンからやると分かりやすいです。

IPアドレス確認

 

接続すると、「◯◯◯.◯◯◯.◯◯◯.◯◯◯」と数字が3つごとに4つ並んだ番号が表示されます。これがIPアドレスです。

この画面はそのままにするか、IPアドレスをメモするかしてGoogleアナリティクスに移ります。

 

※自宅のルータに接続するIPアドレスを調べるには、自宅のパソコンのみでOKです。他の端末のIPアドレスも同じです。ただ、4GやフリーWi-Fiは自宅のルータに接続していないのでそれぞれ個別に調べる必要があります。

※接続しているネットワークに注意して下さい。

フィルターでIPアドレスを除外する

それでは、GoogleアナリティクスでIPアドレスを除外していきます。

このステップで終わりなのでもう少しです!ここはすぐです!

まず、「管理」→「フィルタ」をクリックします。

 

次に「+フィルタを追加」をクリックします。

僕の場合は別のフィルタがすでに設定されていますが、気にしないでください。

 

ややこしそうな設定画面になりますが、画像のように設定すれば大丈夫です。

  • フィルタ名:自分の分かりやすいものでOK
  • フィルタの種類:カスタム→除外マークを選択
  • フィルタフィールド:IPアドレス(IPと入力するとでてくる)
  • フィルタパターン:先程調べたIPアドレスを入力

ここまで設定出来ればスクロールして下に進みます。

 

ここはちょっとややこしいのですが、左側の欄からフィルタを適用したいサイトを選択して「追加」を押して右側にします。

基本的には「すべてのウェブサイトのデータ」を右側にしておけばいいです。複数サイトを運営している人も自分のアクセスのカウントなんて必要ないと思うので、「すべてのウェブサイトのデータ」で大丈夫です。

最後に「保存」をクリックして完了です。ここを忘れないように!

 

取り敢えずこれで完了ですが、他のIPアドレス(4Gとかの)の除外もしないといけません。手順は同じで、フィルタパターンのIPアドレスを変えるだけです。

 

僕はフリーWi-Fiを使わないので、自宅のWi-Fiと4Gだけ設定しました。

これでGoogleアナリティクスで自分のアクセスを除外する設定は終わりです。お疲れ様でした!

IPアドレスでの除外の注意点

最後に、自分のアクセスをIPアドレスで除外することの注意点を書いておきます。

  • IPアドレスは使う回線によって変わる
  • ルータの電源を切るとIPアドレスが変わる可能性がある

今回の方法の弱点でもありますが、使用する回線によってIPアドレスは変わってしまいます。なので、例えば実家に帰って実家のWi-Fiを使用する場合は、再度フィルタの設定をしないとアクセスは除外されません。

あと、ルータを買い替える時もIPアドレスが変わってしまうので注意が必要です。中にはルータの電源を切るだけで変わってしまう場合もあるので注意が必要です。

 

こういうデメリットもありますが、手動で十分対応できます。

まだの人は是非試してみて下さい。これで気兼ねなく、自分のブログを見まくれますよ(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました