【Mac】Homebrewのインストールと使い方【パッケージ管理】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Macを使っていて、ネットからソフトやアプリをダウンロードする時があると思います。

しかし、これをターミナルからインストールできる「Homebrew」というパッケージマネージャーがあります。今回はこのHomebrewのインストール方法と使い方の解説をしていきます。

ターミナルを使いますが、実際に僕がインストールして使っているので、この記事の通りに進んでいけばできます。

Homebrewのインストール手順

Homebrewのインストールは3ステップあります。

  1. Xcodeのインストール
  2. Command Line Toolsのインストール
  3. Homebrewのインストール

Homebrewのインストールには、Command Line Tools for Xcodeが必要になるのでまずはそちらをインストールします。

Xcodeのインストール

XcodeはApple Soreからインストールすることができます。

XcodeはMacのプログラミングをする時に使うツールです。

インストールしている人も多いと思います。アプリ内の言語が英語なのが難点ですが。

Command Line Toolsのインストール

これはターミナルのアプリからインストールできます。以下のコマンドを入力するとインストールが始まります。

xcode-select --install

 

コマンドを実行すると、このような画面が出てくるのでインストールをします。

 

ただ、僕のMacでは下の画像のようなポップアップが出てきてインストールができませんでした。

同じくこの方法でインストールできない人は、Apple DeveloperというAppleの公式サイトからダウンロードできます。→Apple Developer

 

上のリンクからアクセスして、Apple IDとパスワードを入力してログインします。

初めてアクセスした場合は、規約の同意を求められるので「Submit」をクリックします。

全て英語ですが、記事通りにクリックしていけばいいので安心してください。

 

画面が切り替わります。検索窓に「command line tools」と入力すると色々と出てきます。ここから自分のバージョンに合ったものをインストールします。

Beta版は試用版みたいな感じなので、「for Xcode」と記載されている最新バージョンをダウンロードすればOKです。

 

自分のOSに合ったバージョンをクリックして、dmgファイルをダウンロードします。

 

ファイルをダウンロードしたら、開いてインストールをします。

Homebrewのインストール

Command  Line Toolsのインストールが完了すると、いよいよHomebrewのインストールになります。これもターミナルからインストールします。

 

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

上のスクリプトをコピペすればいいのですが、念のためホームページの方を見てもらえたらと思います。→Homebrewのホームページ

これをコピペしてreturnキーを押すとインストールされます。これだけで完了です。

インストールされているか確認するには以下のコマンドを入力します。

$ brew -v
Homebrew 2.1.11
Homebrew/homebrew-core (git revision 5fe895; last commit 2019-08-27)
Homebrew/homebrew-cask (git revision 2e202c; last commit 2019-08-27)

ターミナルで「brew -v」と入力してreturnキーを押して、Homebrewのバージョンが表示されるとしっかり導入されています。

Homebrewの使い方

せっかくなのでHomebrewのコマンドと使い方も紹介しておきます。

 

Homebrewのバージョン確認

brew -v

先ほどインストールされているか確認したコマンドです。

パッケージのインストール

brew install パッケージ名

これが1番使うコマンドだと思います。インストールしたパッケージは、「/usr/local/Cellar」というフォルダに入ります。

更新のあるパッケージを表示

brew outdated

インストールしたパッケージに更新があるかどうかを1発で確認できます。

パッケージのアンインストール

brew uninstall パッケージ名

ネットからインストールしたアプリやツールは、普通はアンインストールがめんどくさいです。でも、Homebrewならちゃんとコマンドでできます。

パッケージの検索

brew search パッケージ名

インストール前にパッケージがあるかどうか確認もできます。

エラーチェック

brew doctor

Homebrewでインストールしたパッケージに問題あるかどうか調べてくれます。自分でファイルを追加した場合や編集したファイルもちゃんと知らせくれます。

Homebrewのアップデート

brew update

Homebrew自体のアップデートのみの場合に使えます。

パッケージのアップグレード

brew upgrade

Homebrew自身とインストールしたパッケージを全部対象になります。

アップグレードのパッケージを指定したい場合は、upgradeの後にパッケージ名をつけます。

古いパッケージを削除

brew cleanup

パッケージのアップデートによって不要になった古いパッケージを削除できます。

管理しているパッケージの一覧を表示

brew list

インストールしたパッケージを確認することができます。

Homebrewの情報を表示

brew info

ファイル数や容量などを表示します。

パッケージの情報を表示

brew info パッケージ名

特定のパッケージの情報を見ることができます。インストール元やファイルのパス表示させることもできます。

Mac使いにはHomebrewは必須

せっかくMacを使っているなら、コマンドでサクッとインストールしちゃいましょう!

ネットからダウンロードするより、Homebrewでインストールすると管理もしやすいです。またアンインストールもコマンドでできます。

こういう見えにくいとこに手が届くのでインストール必須です。皆さんもどんどんMacを活用していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました