Macでスクショの拡張子をpngからjpgに変更する方法!!他の拡張子でもOK

Macでは標準機能でスクリーンショットを撮ることができます。画面全体のスクショやウィンドウ単体のスクショ、選択部分のスクショなど撮れるスクショが豊富です。

スクショの種類や撮り方はこちらの記事に書いています。

Macでスクリーンショットを撮る方法!!キーボードショートカットを使用

この方法で撮ったスクショの拡張子は.pngになります。僕は、これを.jpgに変更しました。

というのも、普通にスクショ撮るだけなら全然いいんですが、ブログやサイトにアップロードする場合は少し容量が大きくて重い気がしました。記事上の1番目の画像の表示がちょっと遅く感じて、ページの最初の画像は素早く表示してくれないと困るので変えてみようと思いました。

jpg形式じゃなくても他の拡張子でも変更可能です。

Macでスクショの拡張子を変更する方法

Macでは、どのスクショをしてもデフォルトではpng形式です。これを別の拡張子に変えていきます。今回は、一般的なjpg形式にしていきます。

 

ターミナルでコマンドを使いますが、コピペでいけるので大丈夫です。

ターミナルのアプリは標準でインストールされています。

使ったことない人もいると思うので、ターミナルはアプリケーション→ユーティリティのフォルダ内にあります。

 

Spotlight検索で打っても出てきます。

起動するとこんな画面になっていると思います。

 

入力するコマンドは2つあります。

1つ目は、拡張子を変更するコマンドを入力します。

defaults write com.apple.screencapture type [変更したい拡張子]

[変更したい拡張子]に形式を入力します。

他にも、gif、bmp、tif、pdf、sgi、tga、psd、pict、jp2などの拡張子にも対応しています。

 

今回は、jpgにしてみます。

defaults write com.apple.screencapture type jpg

jpg形式にしたい場合はこれをコピペすればOKです。

コピペして、拡張子も入力できたらreturnキーを押してください。

 

次に、SystemUIServerを再起動するコマンドを入力します。

killall SystemUIServer

をコピペしてreturnキーを押します。

これで完了です。スクショを撮って確認してみます。

ちゃんと.jpgになっていますね。これ以降スクショは全てjpg形式で保存されます。

 

ちなみにデフォルトの拡張子に戻す方法もあります。

defaults delete com.apple.screencapture type

を入力してreturnキーを押します。

そして、

killall SystemUIServer

これを入力してreturnキーを押せば元に戻ります。Macの場合はpngなんですけどね。

まとめ

これでスクショした写真のサイズを気にすることもなくなりそうです。

スクショや写真だけでなく、ブログやWebサイトなどに画像を載せる場合は、jpgの方が読み込みが速いのでこれを機にjpgに統一していこうかなと思います。

圧縮サイトやツールでpngからjpgに変更してもいいのですが、時間がかかります。特にスクショを扱う記事の場合は、載せる画像も増えるので効率が悪いので、最初にスクショを撮った段階でjpgにしておけば編集する必要もなくなります。

画質に関しては、pngの方が良いのでしょうが、見比べてみても分からなかったです。なので見る分には全然問題ないのでjpgに変更して良かったと思います。

コメント