Macでスクリーンショットを撮る方法!!キーボードショートカットを使用

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MacもWindowsなどの他のOSと同じくスクリーンショット(スクショ)を撮ることができます。Macの場合は撮れるスクショに種類があって使い分けるとめちゃくちゃ便利なのでぜひマスターして下さい!

Macのスクショは基本的にはキーボードのショートカットキーで行います。ややこしそうに思うかもしれませんが、使っているうちに覚えられます。

画面全体をスクリーンショットする方法

最も一般的な画面全体のスクショです。ほとんどの人が知りたいスクショはこれだと思います。

やり方は、キーボードで「shift + command (⌘) + 3」を同時に入力します。

僕は、右手の中指でcommand(⌘)キーを、小指でshiftキー、左手の中指で3のキーを押しています。

 

スクショが完了すると、iPhoneのスクショみたいに右下にプレビューみたいなのが出てきて保存されると思います。保存先はデフォルトではデスクトップになっていると思います。

デフォルトの保存先を変更したい場合はこちらの記事に書いてあります。

Macのスクリーンショットの保存先を変更する方法!!Dropboxにも変更可能!

 

ちなみにスクショのファイル形式はpng形式です。

 

プレビューを右クリックすると削除などできます。

ウィンドウのみをスクリーンショットする方法

Macではウィンドウ単体のスクショが撮れます。画面全体もスクショがいらない場合やトリミングがめんどくさい場合はこちらの方をおすすめします。

 

やり方は、キーボードで「shift + command (⌘) + 4」を同時に入力します。

すると、十字の座標みたいなのが出てくるので、それをマウスのポインタだと思ってスクショを撮りたいウィンドウの上に置きます。そしてスペースキーを押します。

十字の数字に関しては、スクリーン左上を0,0とした座標になっているので気にしなくていいです。

 

カメラマークが出るので、マウスでクリックします。これでスクショが撮れて保存されると思います。

上の通りにスクショすると、ウィンドウが影付きで保存されます。こんな感じです。

影も含めて画像の大きさとなります。

 

影を含めない場合は、カメラマークが出てマウスでクリックする時にoption(⌥) キーを同時に押します。

見やすいように画像に黒の枠を付けていますが、影が無くなりウィンドウだけです。

 

このウィンドウ単体のスクショはなかなか強力です。特にブロガーにはありがたいです。影があるウィンドウのスクショはトリミングせずにそのままブログにアップロードできます。

僕なんかはスクショをばんばん載せるので、余計な手間をかける必要が無いのでとても便利な機能だと思っています。影ありの方がブログに載せた時に見やすいのでそちらをよく使っています。

 

Touch Bar有りモデルの人はそこからでもスクショできます。

Touch Barの場合は他のスクショも表示されます。

左から画面全体のスクショ、ウィンドウのスクショ、選択部分のスクショです。保存先も表示されるようです。

画面の選択した部分をスクリーンショットする方法

上の2つでほとんどこと足りると思いますが、選択した部分のスクショのみを撮る方法も書いておきます。

ウィンドウのみをスクショする時と同じで、キーボードで「shift + command (⌘) + 4」を同時に入力します。

十字が出てくるので、スクショを撮りたい部分を囲むとスクショできます。注意して欲しいのは囲んだ時点でスクショされます。微調整してからスクショ撮るようにしたい場合は次に書いてあります。

スクリーンショットの種類を表示する方法

上で紹介したスクショも含めて、全てのスクショの種類を表示してそこから選択してスクショすることもできます。画面を録画する場合もここからします。

キーボードで「shift + command (⌘) + 5」を入力するとスクショの種類が出てきてそこから選択できます。

すると、画面中央下らへんにこんなコントロールが出てくると思います。

左から、画面全体のスクショ、ウィンドウのスクショ、選択部分のスクショです。さらに、その横は画面全体の録画、選択部分の録画です。

 

Touch Bar付きモデルの人はそちらにも表示されます。

クリックするとスクショや録画できます。最悪、この「shift + command (⌘) + 5」さえ覚えとけばスクショはできます。

Touch Barのスクリーンショットをする方法

これは使う人がいるのかわかりませんが、Touch Barに表示されているものをスクショできます笑

キーボードで「shift + command (⌘) + 6」を入力する撮れます。

こんな感じで全部撮れます。使うかと言われればあまり使いなそうですが。

まとめ

たくさん出てきたのでまとめておきます。

画面全体のスクショ→「shift + command (⌘) + 3」

ウィンドウのスクショ→「shift + command (⌘) + 4」

選択部分のスクショ→「shift + command (⌘) + 4」

スクショの種類を表示→「shift + command (⌘) + 5」

Touch Barのスクショ→「shift + command (⌘) + 6」

 

Touch Bar有りモデルの人は、「shift + command (⌘) + 4」でも録画以外のスクショはTouch Barに表示されるのでそこからでもできます。

スクショはブログとかを書いている人はよく使うのですが、そうでない人もたまに使ったり、使う機会があるかもしれないので1回やってみるといいです。

スクショに関しては、保存先がデフォルトではデスクトップになっているので変更した方がいいです。自分の好きなフォルダに設定する方法も記事にしています。

Macのスクショの保存先を変更する方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました