ブルーレイ・DVDを簡単に作成、編集したいなら、Leawo Prof. Media!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブルーレイやDVDにパソコンやスマホの動画を焼いたり、編集したいと思っている人にピッタリなのが、「Leawo Prof.Media」です。

単にブルーレイやDVDに動画や画像を入れるだけじゃなくて、動画を編集したり、拡張子を変更したり、別のディスクにコピーしたりすることができます。

WindowsとMacの両方に対応していて、仕様もほとんど同じなのでどちらのユーザも利用することができます。

それでは、機能や実際に使って見た感想をメインに見ていきたいと思います。

Leawo Prof. Mediaの機能

まずは、Leawo Prof. Mediaの機能や特徴を見ていきます。

ダウンロードはホームページの方から、WindowsとMacそれぞれ別のページからダウンロードできます。

無料版と有料版については記事の最後に触れていますが、ダウンロード自体は無料です。

Leawo Prof. Mediaでできること

ソフトを起動するとホーム画面が出てきて、これを見るとだいたい機能が分かると思います。こういう分かりやすい画面だと、ソフトが苦手な人でも使いやすいのでありがたいです。

機能は主にこの6つです。

  • Blu-ray/DVD変換
  • Blu-ray/DVD作成
  • Blu-ray/DVDコピー
  • HD動画変換
  • 動画ダウンロード
  • Blu-ray Cinavia除去

さらにこの6つの中の細かい機能も解説しつつ、僕が使っていて良いなと思ったとこも書いていきます。

使い方はホームページの方に詳しく書かれているので、そちらの方を参考にしてください。

Blu-ray/DVDの作成

まずは、ディスクに動画や画像を入れる機能からです。

まずは、書き込みです。これがメイン機能で1番使うと思います。

ここでできることは以下の3つです。

  • ビデオと写真の追加
  • 動画や画像編集ができる
  • ディスクの目次設定が設定できる

これだけで十分ってくらい豊富です。特に編集は個人的には嬉しいです。なので、1つずつ見ていきます。

ビデオと写真の追加

ファイルを選択して「書き込む」をクリックするだけでディスクに追加できます。Blu-rayの書き込みも1GBくらいなら4、5分で終わってエラーもなかったので問題です。

写真の場合は上のようにスライドショーの設定もすることができます。

ちなみに、Blu-rayの再生ソフトはLeawo Blu-ray Playerがオススメです。

僕の場合は、このソフトと同じメーカーで無料で使い勝手が良いので使用しています。字幕や音声の設定もすることができるので映画を観る人にもオススメです。

【最新】オススメ内蔵Blu-rayドライブを紹介!選び方も詳しく解説

動画や画像編集ができる

コレ結構嬉しい機能です。ただ、Blu-rayやDVDに焼くだけじゃなくて、編集してから焼くこともできます。

  • 時間のカット
  • 画面のトリミング
  • 文字や画像の挿入
  • 明るさ、彩度、コントラスト(明暗比)、音量の設定
  • 3Dモード
  • ノイズ除去
  • チャプター作成

始まりと終わりの位置を設定したり、画面をトリミングしたり、音量の調整もできるのでディスクに入れる前に少し編集するだけでいい物ができちゃいます。

ディスクの目次設定が設定できる

上の画像の様にテンプレートから背景を設定することができます。テンプレートじゃなくても、自分の画像を設定することができます。

映画みたいにディスク上でモードを選択できるようにできます。Blu-rayやDVDって思い出のある動画や写真を入れることがあるので、この機能は結構嬉しい。(試しに使ったらいい感じにできたからお気に入り笑)

さらに良いなと思ったのは、BGMを挿入することができます。動画はやっぱりBGMがあった方が楽しめると思います。しかも、自分で用意した音楽を設定できます。

Blu-ray/DVDの変換・HD動画変換

Blu-rayやDVD、パソコンに保存している動画や画像を編集したり、拡張子の変換をする時に使います。

2つを一緒にしましたが、Blu-ray/DVDの変換とHD動画変換の違いはこちらです。

  • Blu-ray/DVDの変換→Blu-ray/DVD内の動画に対しての編集や設定をする
  • HD動画変換→PC内の動画や写真に対しての編集や設定をする

Blu-ray/DVD内の動画を編集する場合は、ディスクから読み込みます。PC内の動画は、ファイルを読み込んだら編集することができます。

機能はこの3つです。

  • 拡張子の変換
  • 動画の結合
  • 動画の編集

はい、きました!拡張子の変更です。これ最高!

iPhoneで撮ったMOVファイルの動画をMP4ファイルに変換したりする時に重宝します。逆に、PC内のMP4ファイルの動画を変換してiPhoneに入れることもできます。 

動画だけじゃなくて、画像や音声の幅広い拡張子に対応しています。MP3への変換もよく使いそうです。

また、動画の結合をしたり、ディスク内の動画に対して直接編集することもできます。編集については、先程の編集と同じ感じです。

Blu-ray/DVDのコピー

ディスクを別のディスクにコピーしたりバックアップしたいときに使います。

Blu-rayからDVD、DVDからDVDなどディスクをコピーしたい場合はこの機能を使います。

自作PCを使っている人はドライブが2つある人もいるかもしれませんが、大抵は1つしかないと思います。

ドライブが1つしかない場合は、コピー元のディスクをISOファイルというイメージファイルに変換してから、コピー先のディスクでISOファイルを読み込んでコピーします。

Blu-ray Cinavia除去

Cinavia(シナビア)というのは音声に電子透かしを埋め込む技術で、主にコピーガードを目的に採用されています。これを削除することができます。

しかし、これは著作権に注意する必要がありますが、技術的には除去することができるようです。

動画ダウンロード

これはおまけ的な機能ですが、ネットの動画をダウンロードすることができます。

試しに適当にアップロードした自分の動画をダウンロードしてみましたが、ちゃんとダウンロードすることができました。

ただ、これも著作権に注意が必要です。

Leawo Prof.Media Ultraを使った感想

具体的な機能は上の通りです。一通りソフトを使ってみて思ったメリット・デメリットを書きます。

メリット

誰でも使える

小学生でも、パソコンが苦手な人でも使いやすくなっています。

不安な人もホームページに使い方も載っているので大丈夫だと思います。しかも、技術的なサポートもあるので、使い方で詰まることはないと思います。

動画・画像編集できる

Blu-rayやDVDの編集はこのソフトがあれば困ることはないと思います。ブルーレイとかはYouTubeみたいにあんなガチガチの編集をすることはないと思うので、ちょうどいいくらいの編集ソフトです。

目次を作ったり、文字やBGMも入れることができるのでおしゃれなムービーを作成することができます。

WindowsとMacの両方で機能はほとんど同じ

僕はWindowsとMacの両方を使っていますが、ほとんどの人はどちらか片方だけだと思います。両方ともほとんど同じ仕様なのはありがたいと思います。

UIもWindowsとほとんど同じです。

デメリット

製品の概要が少しややこしい

実はこのソフトは、元々別のソフトが詰め合わせたパックみたいなソフトです。画像のように個別のソフトであるモジュールを詰め込められています。

Windowsの場合は、次のProf,Mediaでは2種類あります。(Macは1種類しかありません。)

  • Prof.Media Ultra→Blu-ray Cinavia除去あり
  • Prof.Media→Blu-ray Cinavia除去なし

詰め合わせと書きましたが、モジュール自体は個別に購入することも可能で、必要なソフトだけ購入することができます。

ここが個人的に少し分かりにくかったので補足しておきました。

少し値段が高い

Prof.Media Ultra(Blu-ray Cinavia除去なし)を永続で購入するとなると、2万5000円を超えるので一般的なソフトとしては少し高いかなという印象はあります。

でも、元々は他のソフトが別々と考えると安いです。しかも、1度購入すればバージョンアップもできます。

ちなみに、こういうソフトは永続版を買うことを強くオススメします。どうしても値段が気になる方は1度無料の範囲で試してみてから考えるといいです。

試用版の制限は以下です。

  • Blu-rayコピー、Blu-ray変換、Blu-ray Cinavia除去→30日体験となり、コピー・変換は約5分の範囲で使用可能
  • Blu-ray作成、DVD作成、DVDコピー、DVD変換、HD動画変換→約5分の範囲で使用可能
  • 動画ダウンロード→5つの動画/音声ファイルしかダウンロードできない

Leawo Prof.Media Ultraはこんな人にオススメ!

ここまで色々見てきましたが、最後にどんな人にオススメできるかをまとめておきます。

  • 家族やペットとの思い出の動画や写真をBlu-rayやDVDに保存したい人
  • ある程度編集してBlu-rayやDVDに保存したい人
  • 1つのソフトで必要な機能が全部揃っていた方がいい人

ダウンロードは自体は無料で、無料版で十分使いやすさや機能を確認することができます。

Leawoのホームページでは常にソフトのキャンペーンをしているので、気になった人は1回見てみてはいかがでしょうか。

Blu-rayの種類や再生ソフトについてはこちらの記事で少し紹介しています。

【最新】オススメ内蔵Blu-rayドライブを紹介!選び方も詳しく解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました